婦人

口コミで話題の様々な施術と美容整形の歴史について知る

リードファインリフト

ウーマン

リードファインリフトとは、肌にハリを出し、たるみを予防する施術になっています。それは、極細の溶ける糸を用いることで可能となっています。口コミで広まり現在では岡山や全国で施術が行なわれているこのリードファインリフトは、ショッピングスレッドという異名をとり、ショッピングの合間でも行なえる美容整形として人気を博しています。
美容整形におけるリードファインリフトの特徴として、顔を引っ張り上げるという施術ではないという点が挙げられます。従って、引き上げ効果があるというわけではありません。極細の糸を、格子状に顔に入れることにより、顔にハリを出し、たるみを防ぐという施術内容です。
では、具体的な施術の手順を見ていきましょう。ここでは、一般的なリードファインリフトの手順を見ていきます。まず、麻酔をします。これは一般的な注射による麻酔とは違い、顔の表面に塗るというものです。麻酔を塗った後、洗顔処置を行ない、それから針を挿入します。およそ10分から15分程度要するといわれています。麻酔をしているとはいえ、軽く痛む程度の感覚はあるようです。処置が終わった後のアフターケアとして、顔を強く押さないということと、定期的に軽く冷やすという行為があります。
では、その効果を見ていきます。リードファインリフトの効果は、糸が顔に入ることによりハリが出ることと、網目状の糸の効果によってたるみの予防になるというものです。この2点は先ほど少しお伝えした内容と同様ですが、その他に、僅かながらリフトアップ効果があります。しかしそれは、施術時に顔を上に引っ張った状態で行なっていることが要因なので、顔を持ち上げるための施術をしているわけではありません。そのため、リフトアップ自体の効果は数日間となっています。岡山や全国の口コミでリフトアップ効果がうたわれていることがあるかも知れませんが、メインの効果ではないと把握しておけば良いのではないでしょうか。
リードファインリフトという美容整形の適応部位としては、基本的に頬となっています。首や目じりなども可能ではありますが、岡山や全国で実際にリードファインリフトを受ける方の割合としては圧倒的に頬が多いようです。
また、ダウンタイムの観点として、傷跡が残ることはほぼないとされています。洗顔やメイクについても、翌日から可能であることが多いようです。場合によっては数日間のむくみや硬さが出ることもあるようですが、アフターケアをしっかりすることで対処が可能です。
リードファインリフトは、岡山や全国でも利用者の多い美容整形となっています。一方で、ここでお伝えした情報以外にも、利点や注意点は存在します。口コミによる情報なども参考にし、施術前には医師へ相談した方が良いでしょう。手軽に行なえるとはいえ、施術をしてもらう医師と事前に話しておくことは大事でしょう。口コミ以上に有益な情報が得られるかも知れません。